House

LCH A4

【ローコストであること】を軸において 住まいに必要な場所や機能のあり方 流通している素材やモノの使い方 建築物の構造の組み方 もう一度考えてみました    

/ LCH A4 はコメントを受け付けていません。

LCH A4

【ローコストであること】を軸において 住まいに必要な場所や機能のあり方 流通している素材やモノの使い方 建築物の構造の組み方 もう一度考えてみました    

/ LCH A4 はコメントを受け付けていません。

ハウスM

長野県の南信地方に建つ住宅。敷地はかつての田園地帯が、近年になって住宅地とし整備され始めているエリアではあるが、大きく開けた西側に対しては、広々とひろがる田畑越しに駒ケ岳を望むことができ、まだまだ田園的な雰囲気が残る地域

/ ハウスM はコメントを受け付けていません。

ハウスM

長野県の南信地方に建つ住宅。敷地はかつての田園地帯が、近年になって住宅地とし整備され始めているエリアではあるが、大きく開けた西側に対しては、広々とひろがる田畑越しに駒ケ岳を望むことができ、まだまだ田園的な雰囲気が残る地域

/ ハウスM はコメントを受け付けていません。

ハウスtkz

民家の改修工事である。「民家」という言葉は、考現学の今和次郎の『日本の民家』(更生閣書店,1937)をきっかけに一般に広く認識されるようになったといわれている。今によると、民家のなりたちには気候、産物、経済などの各種条件

/ No comments

ハウスtkz

民家の改修工事である。「民家」という言葉は、考現学の今和次郎の『日本の民家』(更生閣書店,1937)をきっかけに一般に広く認識されるようになったといわれている。今によると、民家のなりたちには気候、産物、経済などの各種条件

/ No comments

最低限住居

建築家増沢洵の「最小限住居」(1952年)は、建築面積29.75㎡(9坪)、延べ床面積49.58㎡(15坪)の小住宅で、日本建築史において戦後経済の発展期に建てられた実験的小住宅の歴史的代表作である。我々が計画する「最低

/ 最低限住居 はコメントを受け付けていません。

最低限住居

建築家増沢洵の「最小限住居」(1952年)は、建築面積29.75㎡(9坪)、延べ床面積49.58㎡(15坪)の小住宅で、日本建築史において戦後経済の発展期に建てられた実験的小住宅の歴史的代表作である。我々が計画する「最低

/ 最低限住居 はコメントを受け付けていません。

ハウス203

広々と田畑が広がる地域に建つ住宅。住宅に馴染み深い家型という形態を、少し過剰に並べた愛嬌のある住宅である。 敷地の北西側には山が迫っているが、交通量の少ない県道に面した南側には視線を遮るものがなく田園風景が広がっている。

/ ハウス203 はコメントを受け付けていません。

ハウス203

広々と田畑が広がる地域に建つ住宅。住宅に馴染み深い家型という形態を、少し過剰に並べた愛嬌のある住宅である。 敷地の北西側には山が迫っているが、交通量の少ない県道に面した南側には視線を遮るものがなく田園風景が広がっている。

/ ハウス203 はコメントを受け付けていません。

ハウス36

民家の増改築計画。もとは駒ヶ根に建っていた民家であったが、昭和36年の三六災害に被災したため、祖父世代が丸太梁と敷石といった主たる構造体を現在建物が建っている箕輪までわざわざ運び、場所を変え再建された民家である。計画に際

/ ハウス36 はコメントを受け付けていません。

ハウス36

民家の増改築計画。もとは駒ヶ根に建っていた民家であったが、昭和36年の三六災害に被災したため、祖父世代が丸太梁と敷石といった主たる構造体を現在建物が建っている箕輪までわざわざ運び、場所を変え再建された民家である。計画に際

/ ハウス36 はコメントを受け付けていません。

yt house

/ yt house はコメントを受け付けていません。

yt house

/ yt house はコメントを受け付けていません。

oy house

/ oy house はコメントを受け付けていません。

oy house

/ oy house はコメントを受け付けていません。

s house

/ s house はコメントを受け付けていません。

s house

/ s house はコメントを受け付けていません。

k house

/ k house はコメントを受け付けていません。

k house

/ k house はコメントを受け付けていません。

km house

/ km house はコメントを受け付けていません。

km house

/ km house はコメントを受け付けていません。

o house

/ o house はコメントを受け付けていません。

o house

/ o house はコメントを受け付けていません。