ハウス203

206_101

広々と田畑が広がる地域に建つ住宅。住宅に馴染み深い家型という形態を、少し過剰に並べた愛嬌のある住宅である。
敷地の北西側には山が迫っているが、交通量の少ない県道に面した南側には視線を遮るものがなく田園風景が広がっている。敷地から遠く山々を眺めると、東には仙丈ヶ岳、西には西駒ヶ岳を望むことができる。雄大な自然環境のなかで住宅を介して環境といかに対峙するか。環境との関係のなかで計画を行った。
住宅のなかにつくられた様々な場所で周辺環境との一体感を感じられるよう、部屋を敷地のなかに分散して配置し、様々な方向に視線が抜ける位置に窓を配置した。これによって様々な方向から光と景色が入り込み、明るく視覚的な広がりを感じられる空間とした。建物の形態についても、周辺環境との関係において道路の流れから配置や屋根の向きを決定し、外壁についても周囲の田畑の土埃に配慮して仕上げと色を決定した。
雄大な自然のなかの住宅が、住人にとって心理的な「拠り所」となるよう心がけた。

※※※※※※※※※※※※

建築情報サイトarchitecturephoto.netで紹介していただきました。

206_001
206_002
206_003
206_004
206_005
206_006
206_007
206_008
206_009
206_010
206_011
206_012
206_013
206_014
206_015
206_016
206_017
206_100
206_102
206_200
206_201
206_202