OGGI UP hair

og02
og01


og05
og06
og07
og08
og09
og10

og12
og13
og14
og15
og16

クライアントとの会話の中で浮かんだイメージは
航空機の格納庫のような
機能重視の シンメトリーな建物
そこをリノベーションするように

そんなコンセプトで計画をすすめました

建物自体は
端部の寸法を調整することに注力して
脚色することは最小限に

内のひとつながりの空間を
鉄 コンクリートブロック 合板など
素材的な材料を使って
少しキリッと けれど清潔感は持たせて
間仕切る

素材的なもので仕上げることで生じる不完全さが
ドレスコードのないインテリアをつくり

様々な年代 性別 スタイルに対応したいという
クライアントの仕事のスタンスに
呼応できるようにと考えました